つれづれダイアリー

逃げた社長を追っています。

平成22年9月4日 茅ヶ崎市の清水建築工房の社長は、自宅兼会社の事務所からいずこかへ引っ越しました。

電話も携帯も通じなくなりました。

 

そこで私は、社長に連絡を取るために社長の家族や友人に連絡をとりました。

 

・まず、私達に清水建築工房を紹介した藤沢の不動産会社のW氏に

  連をとりました。

    ⇒しかし何の連絡もありませんでした。

・清水建築工房とコラボレートしようと計画していた名古屋の建築会

  社社長に連絡しました。

    ⇒こちらで送った手紙や欠陥の状況を示した書類を送り返して

        きまた。私は関知しませんとの一文のみ添付されていまし

        た。

・清水建築工房に以前勤務していて、現在独立して建築業を営んでい

  る方に連絡をとりました。

    ⇒この方からは電話をもらいましたが、おもしろくない。もう

        連絡しないで欲しいとのことでした。

 

私は清水建築工房の社長を探し続けています。欠陥は日々増えていくばかりで、苦しめられています。欠陥の状況や私たち家族がこれまで経験してきたことなどをブログに掲載しました。覗いてみてください。

欠陥住宅情報 日々つれづれダイアリー